アスリートの致命的な怪我を克服する手段とは

アスリートのためのPRP療法

PRP療法事例

プロゴルファー平塚哲二選手へのPRP療法

投稿日:

プロゴルファーの平塚哲二

左上腕骨外側上顆炎による強度の痛みでツアー中断されています、プロゴルファー平塚哲二プロへのPRP療法を施術いたしました。

 

強い運動時痛と圧痛によりクラブスイングが不可能でしたが、3回目のPRP療法で運動時痛が3日目で消失、通常のスイングが可能となりすでにラウドトレーニングも開始されています。

 

遠心分離器により精製されたPRP

肘静脈からの採血後 300rpm✕7分 MyCells(Kaylight社、ISRAEL)のキットを使用し0.6ccのPRPを作成。
施術前に軽度の圧痛を感じるポイントをマーキング。各0.1cc ポイントへ注射を施行。

 

 

平塚哲二選手のプロフィール

京都府出身のプロゴルファー。2003年は賞金ランキング2位の実績を残し、2006年も賞金ランキング6位となる。

  • 2003年 ゴルフ日本シリーズJTカップ優勝
  • 2004年・2007年 三菱ダイヤモンドカップゴルフ優勝
  • 2006年 ウッドワンオープン広島優勝
  • 2009年 中日クラウンズ優勝
  • 2011年 アジアパシフィック パナソニックオープン優勝
  • 2010年 Myanmar Open、Queens Cup、Black Mountain Masters優勝

 

-PRP療法事例

Copyright© アスリートのためのPRP療法 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.