アスリートの致命的な怪我を克服する手段とは

アスリートのためのPRP療法

PRP療法事例

プロゴルファー諸藤将次へのPRP療法

投稿日:2016年9月9日 更新日:

morofuji-01

2013年は左手の種子骨障害で序盤で離脱し、2014年は1試合も出場が出来ない状態でツアーを欠場していた諸藤将次プロへPRP療法の施術。

 

morofuji-02

 

施術後、痛みがなくなりクラブも振れるようになったことで、ツアーへ復帰出来るまでに回復しました。

 

日本ゴルフツアー機構 東建ホームメイトカップ2015大会記事

 

PRP療法施術後の活躍

  • 2016年4月8日 九州サーキット第18回トヨタカップオープントーナメントで優勝

 

プロゴルファー諸藤将次選手のプロフィール

福岡県出身のプロゴルファー。最大の特徴は飛距離で、ドライバーショットで300ヤード(約274メートル)以上の飛距離を誇る。

  • 2011年 フジサンケイクラシック優勝

 

-PRP療法事例

Copyright© アスリートのためのPRP療法 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.